甘すぎた想定・・・

  宮城県では、2011年1月の時点で宮城県沖地震が10年以内に発生する確率
が70%、20年以内で90%、30年以内で99%という高い確率で発生する事が予想
されており、同規模クラスの強い地震や津波被害などが想定されておりましたが
東日本大震災はその想定をはるかに超えた未曽有の大震災となりました・・・
 

                   想定外のはじまりと事業継続への不安・・・

  2011年3月11日に発生した東日本大震災では、地震と津波によって東北沿岸
の多くの地域に被害が発生。地震や津波による浸水によって、電気、 ガス、水道
電話、インターネット回線、物流網なども長期間停止するなど、これまで予想されて
いなかった想定外の事態が次々と発生しました。
 

                    異業種の仲間達との連携のはじまり・・・

  震災直後は、ガソリン不足などの諸事情から物流が長期間ストップし、当店でも
乾電池やトイレットペーパーをはじめとした生活必需品等の補給ができないという
状況に陥りましたが、その数日後には、異業種の仲間達の協力により、トラックや
人員などのご協力を頂き、直接メーカーの倉庫まで商品を引き取りに行くなどして
他店に先駆け業務を再開。その後、必要な物資などを仲間達と相互に融通し合う
かたちが生まれました。異業種の連携は各々の強みが活かされ、また弱い部分は
それぞれが補う形で、お互いがお互いの仕事をとおし復旧復興に向けて全員一丸
となって取り組んだ事は今でも忘れる事ができません・・・
 

                  あらゆる災害に対して想定外から想定内に・・・

  大震災を経験し、危機管理の重要さを改めて再認識した当店では、想定外の
災害が発生した際も、事業継続ができるよう新たにBCP(事業継続計画)を策定。
商品管理の面では津波浸水なども考慮し、また緊急時における商品の供給体制
なども構築。業務の面では、停電なども考慮して、インバーター発電機やノート型
パソコン、小型プリンターなどの省電力機器なども整備。一番重要な自社データ
の管理につきましては、NAS、外付けドライブ、WEBストレージによる二重三重
にデータをバックアップ。その他、各分野において防災を意識した実践的な環境
整備を積極的に推進。
 

                  他県で発生する災害のリスクも考慮して・・・

  物流が発達した現在では、商品を注文すれば数日で商品が届くこの時代に
おいて必要以上に商品を在庫するという事はコストの問題や維持管理の問題
から一般的には行わなくなりましたが、当社では、東日本大震災を教訓として
生活必需品を中心とした商品の在庫(備蓄)体制を強化。
  近年、南海トラフ地震や首都直下地震の発生が危惧されており、万一その
ような災害が発生した際には、物流が長期間ストップしたり紙製品の生産地で
ある静岡県が被災した場合の事を想定し、商品のストックを行っております。
  定期的に商品をご購入頂いているお客様に対しては、供給者としての責任
があり、いついかなる状況においても商品を供給できるよう努めております。

 

 

 

BCP(事業継続計画)の一環として

 
 
@自社におけるライフラインの強化
インバーター発電機、テレビ受信用の高感度屋外アンテナなどを整備し、緊急時においても、
テレビやインターネットから情報の取得やSNSを活用し対外的な情報発信を可能にしました。
 
A緊急時を想定した省電力機器の整備
複数台のインバーター発電機を整備し、交互に発電を行え体制を構築。停電時では電力の
供給量に限りがある為、ノートPCや小型複合機などの省電力機器やUPS(無停電装置)と
なども併せて整備を行い災害に備えております。また、大容量のポータブル電源やモバイル
バッテリーなども予備電源として整備。
  
B日用品、防災備品の在庫体制を整備
トイレットペーパーやボックステイッシュをはじめとした日用品や長期保存水や保存食等の
防災備蓄を開始。また、女性事務員さんからのご要望が多かった、赤ちゃん用の紙おむつ、
女性用の生理用品も少量ながらストックを開始。また、商品の保管場所はビールパレット等
よって地上高1メートル以上の高さにかさ上げするなど浸水対策も実施しております。
 
C貸出機の強化につきまして
パソコンや小型複合機、長テーブル、イスなど、様々なレンタル品を提供する当店では、
大震災の経験から各種貸出機を増強し、更なるサービス力の向上に努めております。
特に、当店よりインバーター発電機をご購入頂きましたお客様に対しましては、万一
の際に機械トラブルなどで発電機が使えない場合には、最優先で貸出機をご用意。
 
D異業種の仲間との防災協定を締結
東日本大震災を経験し、当社では、異業種の仲間と連携し独自の防災体制を確立。
緊急時には、車両、人材、ガソリンをはじめとした様々な物資を相互に融通し合い
緊急時は直接メーカーの倉庫までトラックで商品を引き取りに行ける体制を構築。
緊急の際は、車両、人員、物資、保管場所などで相互協力を行います。
 
E商品供給の順番を明確に
一度、大災害が発生した際には、物流がストップし商品追加の見通しが立たない
事から店舗での一般販売は当面自粛し、トイレットペーパーなどの日用品などは
定期的に商品をご購入頂いているお客様を最優先に商品を供給させて頂きます。
 
FSNSを活用した商品の受注体制を確立
電話や携帯電話が繋がらない場合でも、電子メールやLINEやフェイスブックを
はじめとしたSNSは繋がりやすい事から、当店ではSNSによる情報発信手段を
活用できるよう整備を行いました。

 

 

 

 

 

お客様に、あたりまえの安心・安全をお届けする為に・・・

トイレットペーパーなどの紙製品を防災用に大量備蓄。 商品は浸水対策で地上高1M以上の場所に保管。
長期保存水と一般の飲料水もお預かりしております。 お客様からのご要望に応じて、長期保存水を代行備蓄。
女性からの意見を取り入れ、赤ちゃん用品なども備蓄。 震災時に必要性の高かったガソリン携帯缶のストック。
インバーター発電機の貸出機も整備致しました。 防災備品には大型インバーター発電機やローリータンクも。
通常業務でも活躍するOA機器の貸出機を多数ストック。 省電力タイプの小型複合機なども防災用にストック。
液晶モニター等も多数ストック。 貸出機用のノートパソコン やSIMフリースマートフォン。
貸出機は定期的にメンテナンスを実施。 なにかと重宝する厚手のブルーシート。
パイプイスは200脚以上ストック。 長テーブルは50台以上ストックしております。
DS2規格の防塵マスクもストックしております。 火山灰などにも対応した防塵マスクです。
5年間保存できる50人食の炊き出しセット。 1食パックのアルファー化米です。
店内に設置された当社、防災コーナー。 防災用の試食缶詰なども展示しております。
大容量のポータブル電源もストックしております。 睡眠時無呼吸症候群の治療器CPAPでテスト。
カセットコンロで使用するカセットガスもストック。 断水時に重宝する水のいらないシャンプー。
水洗トイレが使えない時には簡易トイレキットを。 専用の消臭剤などもご用意しております。
店舗内に開設している防災コーナーです。 長期保存水には15年保管できる商品も。

 

 

 

 

                    トップページへ